湘南0-1FC東京

先制点がすべてだった。交代直後の選手になすすべなく得点を許すあたり、ここにきてまだ隙がある感が否めない。

勝って折り返したかったけれど、過ぎてしまったことはどうしようもない。後半戦は、前半戦でやられた相手をことごとく打ち倒すぐらいの気概を見せてほしいところだし、軸がぶれてさえいなければそれも不可能な目標ではないはず。

次節、早くも開幕戦のリベンジを期する一戦になる。必ず勝利して、一つでも上へ。信じて見守りたい。

名古屋1-1湘南

10回やったら4勝4敗2分ぐらいになるんじゃないかというほど、拮抗した一戦になった。紙一重の差で勝ち点2を落としたと見ることもできるかもしれないけれど、間違いなく上昇気流に乗るきっかけになる戦いだったと思うし、そうしていかなければならない。

ともかくも連敗は止め、暫定ではあるものの残留圏にも浮上した。日々の積み重ねが実ることを信じて継続していくしかないし、我々サポーターもできるサポートをしていくしかない。次もあまり分のいい相手ではないけれど、信じて貫いた先に明るい未来は待っている。精一杯、やり抜きましょう。

湘南1-2G大阪

最後まで可能性は感じられた。返す返すもイージーなミスからの先制被弾が悔やまれるけれど、鈴木淳之介のCBを筆頭に今日撒いた種が芽生える日は遠くない予感がするし、継続してやっていくしかない。

少し間が空く間にしっかり見つめ直すべきところを見つめ直して、泥臭く勝ち点を拾っていきたい。大丈夫、ベルマーレなら必ずできる。