~そして転活へ~

職場を辞めることになった。

原因は色々あるのだけれど、職場の環境があまりに非合理的で、非効率的で、また学生の大半はモチベーションが地に落ちていてやりがいもなく……といったことに端を発して、とにかく正常に仕事を続けるのが無理になってしまった。

退職を見据えつつ休職、という流れになり、来年度からの新しい仕事を早急に見つける必要が出てきた。アカデミックポストはなかなか空きが出ない現状もあって、今度こそは一般職への転換を余儀なくされそうなのだけれど、まずは心身ボロボロな状態を何とかするのが先決ではある。

とりあえず、かかりつけ医と相談しながら障害者手帳を取得して、いい感じの雇用に巡り会えるよう頑張ろうと思っている。

そんなこんなで戦いは続く。

清水1-1湘南

最後は執念だった。

失点シーンはまさしくエアポケット。ただ、神は細部に宿るというか、明確な意図のないボールをしっかり拾われて確実に決められるというのは残念なものがある。

攻め続けるもこじ開けられず、このまま終戦かと思われた最終盤、今季なかなか結果が出ていなかったウェリントンの見事な一発。本当に執念が実った同点弾だった。

死力を尽くして3連戦を終え、残りは6試合。まだまだ上を目指していかなければいけないし、その意味で言うと今日も勝ちたかったのが本音ではあるけれど、それでもこうして積み重ねたものを大事に活かしていくしかない。

さあ、再びホーム。次こそは雪辱を。

湘南1-5札幌

悪夢のような敗戦だった。

攻めては突っかけられてチャンスを作り出され、守っては詰めきれずにいいシュートを続々決められて、なすすべなく0-3で折り返し。前半終了の時点で観戦をやめようという考えが頭をよぎったのは今季初めてのことだった。

新戦力が結果を残しだしてはいるけれど、トータルスコアで上回れなければ意味がない。サイド攻撃に拘泥するわりにこじ開けるアイディアが不足している感があるし、連勝中には当たり前のように出せていたはずのチームのまとまりが見られなくなっているのも気になる。

エース町野の負傷交代も暗雲が立ち込める一因になっているけれど、言い訳を探していても仕方ない。

6ポイントマッチで大敗という結果は結果として真摯に受け止めて、初心に返ってやっていくしかない。ここから上位との連戦になるけれど、優勝争いを引っかき回すぐらいの執念を見せなければ先はない。

今一度、愚直にやりきる覚悟を。

軽井沢旅行に行ってきた

家族3人+義両親で月初に。

コロナの感染状況がやべぇ情勢なのでちょっと不安はあった(現に実家の母には反対された)けれど、実際行ってみたらどこも近所のショッピングセンターとかより人出が少なくて、快適に回ることができた。

練馬区民の常で、個人的には小中学校の宿泊行事だけで2回(小学校の移動教室と中学校のスキー教室)軽井沢を訪れたことがあり、加えて高校時代には友人らと弾丸ツアーで行ったりもしたのだけれど、軽井沢駅の周辺を回るのはよく考えたら初めての経験だった。

義両親と妻は軽井沢自体が初めてとのことで、娘に至っては義実家以外に泊まりで行くのがそもそも初。初めて尽くしの旅行となった。

初日は昼に軽井沢駅で義両親と合流、アウトレットを回って、少し離れたトンカツ屋で夕食。

カツカレーをチョイス

2日目はBon Okawaチョコレートファクトリーでお土産を買い込み、再びアウトレット内で信州そばを食べて、またお土産を買い、夕食は洋食レストランで。

昼は蕎麦
夜は洋食

3日目は昼食にパスタを食べて(写真撮り忘れた)最後にもいっちょアウトレットを回り、15時ちょうどの新幹線で東京へ。

……という具合で、車社会の軽井沢にあって徒歩圏内しか行かない(娘なんかアウトレット内のプレーパークで初日2時間弱、2日目3時間遊んでいたぐらい)きわめてコンパクトな旅になったけれど、義両親もいいリフレッシュになったようだし、何より娘がおじいちゃんおばあちゃんと一緒でずっとニコニコだったので本当に良かった。

まだまだコロナがどうなるか読めないけれど、また遠からずこんな機会を作れればと思う。

Sie lernt

娘に英会話を習わせている。

僕自身は小5から中2まで近所のカルチャーセンターで英語を習っていた。小学校の2年間はお遊び程度の内容ではあったけれど、中学からは本当に濃い時間を過ごしたし、その経験があったからこそ、これまでの人生で英語を使う必要に迫られたときに困ることがあまりなかったという自負もある。

娘にも語学で困らない人生を送ってほしいという一心で、幼稚園から始めたレッスン。けれどやっとアルファベットの読み書きに慣れてきたぐらいのタイミングで、いきなり中学レベルぐらいの構文が次々出てくるクラスに移行してしまったので、少なからず面食らっているらしい。授業中は注意が散漫になっていて、やるべきことが何もやれていない、という担任教師(ネイティブ)の話を聞いて、諸々検討した結果、もう少し本人的にやりやすい形態に変更することになった。

どういう形であれ幼少期から外国語に慣れ親しんだ経験は必ずプラスになるはずだし、新しいクラスが娘にとって楽しい場であってくれることを願ってやまない。願わくは、培った力を強みにしていけるように。

川崎0-4湘南

前半から首位を苦しめてはいた。守備は粘り強く、ミスも散見されたものの攻撃の組み立てがしっかりしていて、ギアが噛み合えば大爆発の予感がしていた。しかし、ここまでやりきれるとは。

望外の結果で、残留圏まで1差まで迫った。ただ、いい出来で満足してしまって次に繋げられなければ仕方ない。ポジティブな面はそのまま継承しつつ、今一度気を引き締めて、3連勝を目指して。再び死力を尽くそう。

Friendship

早めのおやつを済ませて娘と外出。昨日に引き続き、海外移住した友人と、今日は家族連れで会ってきた(妻は疲れもあって欠席)。

件の友人は10年あまり前に東南アジアに移住しているのだけれど、結婚から数年して授かった一人息子がうちの娘と同学年。第一言語は現地語で、ほぼ主夫状態の友人が教えているため日本語もだいたいわかるという具合で、娘とのコミュニケーションに支障はなさそうだった。一度は行ってみたかったという小学校の校庭解放から始まって、途中から公園遊びにシフトして小一時間、とにかく楽しそうに遊んでいた。

すでに海外ルーツの友達と仲良くしている娘、母親と異国の言語で会話する新しい友達もごく自然に受け入れていて、何というか恵まれた環境に育っているなあと実感。

夕食を共にして、別れ際は名残惜しそうに、でもまた来年会う約束をして嬉しそうにしていた。次回はまた目新しいことを企画できるといいな。

ピッカピカの1年生

娘が小学校に入って半月あまり。

入学前からの友達(幼稚園は違う)と約束して途中から一緒に行ったり、新しい友達もできていたり、話の端々から毎日楽しい学校生活を送っていることが伝わってくる。

娘のクラスにアジア系(中韓以外)の子がいて、これも時代なんだなあと思ったりするのだけれど、ここ数日その子と仲良くしているらしく、ニコニコと嬉しそうに話してくれる。

自分の幼少期を思い出してみると、外国人に対する差別感情こそなかったと思うけれど、物怖じというかどう接したらいいのかわからないところがあったように思う。対して娘、何のてらいもなく外国籍の友達を作っていて、コミュ力というか懐の深さというか、順調に育っているようで何よりという感じがする。

6年間、素晴らしい日々になることを願ってやまない。

入学しました

娘が小学校に。

桜も残っていたし天気も良くて、良い入学式になった。

幼稚園で仲良しだった子と違う学校なのをまだ少し引きずっているようではあるけれど、まあ時間が解決してくれるでしょう。

今日はこれから父がコロナワクチン3回目なのであまり構ってやれないけれど、気分転換にはできるだけ付き合う方向。楽しい6年間にしましょうね。

卒業しました

娘が幼稚園を。

仲良しのお友達とは3年間一緒だったこともあって強い絆ができていて、卒業式の後もみんなで集まって遊んだりしているのだけれど、一緒の園から同じ小学校に進む子は数人しかいなかったりする。まあ、人見知りなりにちゃんと処世術は身についているようなので、いよいよ始まるスクールライフにも特に不安は感じていないけれど。

ともあれ、3年間よく頑張って通いました。縁あって僕と同じ園になったけれど、楽しかったようで何よりですね。