最後のとしまえん

としまえんが閉園してしまう。

地元民なので幼少期から数えきれないぐらい行ったし、特に幼少期は親が年パスを買ってくれていてそれはもう通いまくったのをぼんやりとながら覚えている。

大好きだった車のアトラクションに身長制限で乗れなくなって寂しかったこととか、クソみたいな棒読みの映画を船内で上映する謎のスペースシャトルが妙に気になって何度も乗ったとか、思い出を数えだしたらきりがない。

ともかくも、この夏のうちに行き納めをと思っていたのが晴れて実現の運びとなった(というか予約チケット買った)。

娘、昼前にカーチャンと買い物に出かけてからずっとこういう調子↓。

僕もおっさんになって子供もできて、色々と見える景色も変わるのだろうけれど、最後にどこをどう見ておこうかとかあれこれ考えてしまう。

そして、娘にとっては最初で最後のとしまえんということになる。

思い出に浸りつつ、でも家族の思い出作りもおろそかにせずに、楽しんできたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です