僕とムーミン

ムーミンが好きだ。

小学校高学年の頃に出先で何となく買ってもらった『ムーミン谷の彗星』が妙に心の琴線に触れ、原作童話のシリーズを買い集めて夢中で読んだ。

ムーミントロールたちの日常はいつも刺激的で、登場人物は皆温かくて、でもちらほらと隠しきれない毒気のようなものもあったりして、童話とは思えない濃密な読書体験を与えてくれたものだ。

中学のときに手癖の悪い奴に貸したら古本とすり替えられて戻ってきたのが何だか汚らわしく思えて読めなくなったり、2冊ほど同人的な意味の相方に10数年貸しっぱなしになっていたり、残った本も重くてかさばるハードカバーなので実家に置きっぱなしになっていたり……と、近年はファンを自称できるかだいぶ怪しい状態に陥っていたけれど、給付金も出ることだしと思いきって買い直してみた。

文庫版全巻セット(特製box入り)

今日の昼前に届いて早速娘が気になるようだったので少し読み聞かせてみたけれど(すぐに飽きられはしたけれど)ああ、やっぱり僕の好きなムーミンだ、と思えた。

親子で楽しむにはまだ早そうではあるけれど、とりあえず暇を見つけて再読していきたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です