楽天モバイルでXPERIA 8 liteを使ってみた結果

病院の日だった。

地下鉄車内でmy楽天モバイルアプリを立ち上げてみたところ、意外な発見があった。

てっきり手動(機内モードのオンオフとか)でないと切り替えられないものだと思っていたので、何というか嬉しい誤算。思ったより便利に使えそうだ。

ラーメン屋の店内ぐらいなら楽天回線が普通に繋がったので、アンテナは順調に増えているのかもしれない。

近所のスーパーでは店内の複数箇所で試してパートナー回線がギリギリ入る程度だったので、春以降パートナー契約が終了した後どうなるかはやはり気がかりなところ。

娘を連れて近所の大きい公園に行ったところ、電波が心許ない感じながらかろうじて繋がり(確認するの忘れたけれどauプラチナバンドがあんな圏外スレスレということはないと思うので恐らく楽天回線)、YouTubeで動画を見るぐらいはストレスなくできた。

以上レポっす。

しばらくはXPERIAの方に楽天SIMを差しておいて気軽に持ち運び、使い勝手について気づいたことなどまた書こうと思う。

楽天モバイル追記

公式によると、そのとき契約している回線が1つならとにかく基本無料が適用されるらしい。

これなら契約中の楽天モバイル回線(070ナンバー)はとりあえずキープしておいて時々使う程度にしつつ、エリア等の問題がクリアされたら解約→メイン番号(090ナンバー)をMNPで楽天に移行という形を取ればいいことになる。

欲を言えばもうちょい段階制が小刻み(5GBで500円アップとか)だったらなお良かったけれど、恐らく料金システムは僕の使い方に合致していると思うので。

まずは夏までにカバー率96%を目指すというエリア拡充、進捗に注視したい。

楽天モバイルを諦めない

↑こんなことを言っていたのだけれど、よくよく調べてみるとY!mobile版のXPERIA 8はSIMロックがかかっているというのが主要因らしく、SIMフリーの8 liteでは楽天回線だけならまあまあ普通に使える(ただしパートナー回線との切り替えは手動になるらしく相当めんどい)ことが判明したので、この際楽天回線の拡充がどのくらい進むかをテストするべく、一時的に楽天SIMをメイン運用してみることにした。

つい昨日発表された新料金プラン、通信環境さえ整ってくれば将来的に有料でも使う選択肢が出てくるかもしれないので。

そんなわけで、XPERIA 8 liteの電源を切り楽天SIMを挿入。しばらくすると、最適な通信情報とやらをインストールするための再起動がかかった。

とりあえず、アクセスポイント等の情報を手動で入力する手間は一切取られず、当たり前のように楽天回線に繋がった。

速度は土曜夜、自宅内で測定してこんな感じ。まあまあ悪くない。

しばらく在宅ワークが大半になるけれど、来週は病院もあることだし、今の時点で実用レベルがどのくらい上がったものか、お手並み拝見といきたい。

ちなみに、4月開始のUN-LIMIT VIで基本(通信料1GB未満)無料になるのは1回線目のみ、という注意書きの解釈で各方面が揺れていたりする。仮にメイン番号をMNPして0円スタートにする術が使えなくなるのだとしたらちょっと面白くないので、プランがVのうち(3月中)にいったん解約する方向ですけどね。

絶対役立つ!Android有料・課金アプリ3選

ということで、たまには人の役に立つ投稿でも。

Androidは初代Xperia以来10年半ほど使っていて(途中iPhoneユーザーだった時期もあるけれどサブ機としては運用し続けていた)、それなりの数のアプリを使ってきた。

有償のものも、買って良かったと心から思うものもあれば、完全に無駄金だったと後悔しているものまで様々あるけれど、今回は前者の中から厳選して3つを紹介したい。

WiFi Automatic

Wi-Fiのオンオフを様々な条件によって自動で切り替えられるアプリ。

スマホのWi-Fiをオンのままにしていると、繋がるネットワークがない状態でも検索が続けられ、バッテリーを浪費する。そんなわけで外出時にはオフにしておくことが望ましいのだけれど、いちいち手動で切り替えるのはなかなかに面倒くさい。その点、このアプリを使うと、Wi-Fiネットワークに繋がらない状態のとき(not connected to any network)、指定した時間経過後に自動でWi-Fiを切るように設定することができる。

逆にオンにするトリガーとしては、ロック解除時(when device gets unlocked)の他、指定した場所に到着した際(when entering these locations)を設定しておくと、自宅とか職場のWi-Fi使用可能な場所でだけオンにするという運用法が可能になり、とても捗る。

基本無料のアプリだけれど、Wi-Fiを自動でオンにする場所が1つしか設定できないなど機能に制限がかかるので、課金メニューを購入して制限をなくした方がいい。利便性を考えれば、これで120円というのはタダみたいなものなので。

ATOK for Android

有償IMEの代表格。1543円という価格は、アプリを買う習慣のない人からすると多少高く感じるかもしれないけれど、間違いなく値段以上の価値がある。

ワンタップで入力モードやキーボードタイプ(フリック入力かQWERTYか)を切り替えられたり、確定した変換をやり直せたりと、便利な機能が多い。

左上のボタンで再編集メニューが使用可能
左下のボタン一つでQWERTYに切り替え

何より変換が賢いので、文章を打つときのストレスが激減する(Google日本語入力比)。

個人的にタッチ位置補正機能は巨大なお世話という感じがしてオフにしているけれど、こういう細かい設定が柔軟にできるあたりもポイントが高い。

スマホで書き物とか多少でもするなら是非購入をお勧めしたい。1年使った時点で、月ごとの負担は缶コーヒー1本とかになるわけだし。安い安い。

スマホ最適化Plus

名前のとおり、スマホのあちこちを最適化してくれるユーティリティアプリ。

メモリ解放やキャッシュ削除で動作を軽快にでき、これまた様々なトリガーを設定できる。

僕はメモリ使用率が指定のパーセンテージに達したところでメモリ解放(+キャッシュ削除)を実行するように設定したところ、スマホが重くて困るような事態とはほぼ無縁になった。

日常の細かいストレスを低減したいなら、入れておいて損はない。これも350円という価格はコスパで考えれば破格と言っていいと思う。

そんなわけで、柄にもなくお役立ち記事的なものを書いてみた。ブログの方向性がよくわからなくなってきているけれど、とりあえず気にしないものとする。

どのアプリもスマホライフを強力にサポートしてくれること請け合いなので、皆さんも是非使ってみてください。

XPERIA8 liteを買った

妻のmineo利用料金が相場より月額300-500円ほど高くなっていることに気づき、家計節約のためキャンペーンでバカ安くなっている+自分も数ヶ月使って特段の問題がないことを確認しているiijmioのAタイプ(従量制プラン)に移ることになった。

ついでにこちらもキャンペーンで大幅値引きされていた(さらにけっこうな額のギフト券プレゼントも付く)XPERIA 8 liteホワイトを同時注文。僕が実質代金を負担する代わりに使わせてもらうことにした。

手続き完了から2日ちょっとした昨日の朝届いて、娘が寝た後とか今日幼稚園に行っている間に一通り設定を済ませた。

まだちょろっとしか使っていないけれど、ここ3ヶ月あまり使ってきたMoto G8 powerをサブに降格させて、こっちをメイン端末として使えそうな目処が立っている。

新端末の簡単なインプレとしては以下のような感じ。

・バッテリーの持ちが良い

容量こそG8 powerの5000mAhに対し2870mAhと、6割にも満たないスペックではあるけれど、使用感ではそこまで大きな差を感じない。

G8 power は修理から戻ってきて以来バッテリー容量はカタログスペックどおりの数値をキープしている(電流計で計測)ものの、全体的なチューニングが今一つなのか、けっこう減りが早いように感じていた。待機時の消費もなかなか馬鹿にならないし。

その点、XPERIAの方は待機時の消費の少なさが突出していて、多少使うにしても軽めのブラウジング中心にしていればG8 powerとどっこいどっこいぐらいには持ってくれる。

……重めのゲームとかやると悲惨なようには感じるけれど。

・取り回しが良い

本体重量ではG8 powerより30g軽く、片手持ちで使っていても負担に感じにくい。

21:9の縦長画面はどうかと思っていたけれど、単純に一画面に収まる情報量が増えて良かったし、横幅がコンパクトになった恩恵は思っていた以上に大きい。とにかく手に馴染むし、落としそうになって慌てることもなくなりそう。

電源ボタンを押さないと画面が点灯しない仕様も不便そうだと思っていたけれど、指紋認証(電源ボタンがセンサーを兼ねる)の精度もスピードも満足できるレベル。

・ハードスペックが優秀

防水防塵でおサイフケータイにも対応している端末は多分初めてで、これから色々なシーンで活躍してくれそう。

他にもカメラの質が微妙(明るい場所で娘のポートレートとか撮る分には何ら問題ない)とか、3D処理が重たい(大して使わない)とか、各所のレビューで指摘されていた問題点も個人的には特にデメリットにならないと感じた。

低所得のくせしてここ1年で3台目のスマホ購入となったけれど、とりあえず安住の地を見つけられたかもしれない。

上でも書いたけれどiijmioのキャンペーン(2/3まで)が激しくお得なので、気になる方にはお勧めしておきますよ。

Moto G8 powerが修理から戻った

大阪への発送(水曜)から受け取りまで3日は満足いく早さだった。

ただ、「異常は認められませんでした」と言いつつ処置内容が「バッテリーを交換しました」となってるのはどういう理屈なんだろうな……?

とりあえず、パフォーマンスもちゃんと改善したかどうかは数日使って判断したい。

Moto G8 powerだけど修理に出します

先日ウキウキで購入したMoto G8 power、どうもバッテリーに初期不良があったらしい。

ほぼ同等スペックのOPPO A5 2020と比べて、明らかにバッテリー(こちらもカタログ値は同じ5000mAh)の減りが早い。目安として、就寝中放置で5%対20%とかの差が出る。

Accubattery(バッテリー容量の推計ができたり任意のパーセンテージまで充電できたら通知してくれたりするアプリ。超便利)で測っても容量が少ないようだけれど、あくまで推計値だからと突っぱねられたりするそうなので、これ↓を買ってみた。

測定の結果、バッテリー容量はAccubatteryで調べたより低く、カタログ値を10数%下回る有り様だった。

さすがに納得できないのでサポートに連絡し、目下返送用パックの到着を待っているところ。

果たして満足いく結果になるだろうか……?

とりあえず、進展があったらまた書こうと思う。

スマホ買い替え

半年あまり何とか我慢しながらOPPO A5 2020を使ってきたけれど、ColorOSのユーザビリティの低さとか諸々に限界を迎えつつあったところに、前々から気になっていたMoto G8 powerが値下がりしていたのでエイヤと買った。

とりあえず数日使ったらレポするっす。

あ、iijmioのAプランは低速メインで運用中だけどまずまず快適っす。とりあえず月々の通信費を抑えられる目処は立ったかな?

23区内在住だけど楽天モバイルのメイン運用は時期尚早です

タイトルのとおり。

楽天モバイルMNOは、無料サポータープログラムで2月から利用している。半年あまり使って、大まかなデメリットが見えてきた。

・エリアが狭い

自宅近辺や地下鉄(大江戸線)車内は快適に使えるものの、都下や他県に入ると途端にパートナー回線に切り替わる。またこの切り替えが曲者で、時間がかかったり、うまくいかなくて圏外扱いになったりすることもよくある。

ついでに言うと建物内では電波が極めて心許なく、買い物中や外食中に必要な通信ができなくて地味にフラストレーションが溜まったりする。

・電波が不安定

自宅はバッチリ圏内のはずなのに、突然通話が切れたりする。

池袋の街中で通話中にブツリと切断され、困り果てたこともあった。

楽天回線単独の問題なのか、パートナー回線との受け渡しに不具合があるのかは不明。

・サポートがお粗末

公式サイトから上記の問題を懇切丁寧に報告したところ、専用アプリから送らないと受け付けられないと返されて完全に気持ちが切れた。

そのぐらい融通を利かせてくれないとね……。

・対応端末が少ない

アンオフィシャルなSIMフリー機でも設定次第では使えるものもあるようだけれど、動作確認機種の数はあまりに少ない。

結局(値引きとかキャンペーンとか頑張っているとはいえ、スペックなどを考えれば)割高な端末を買わざるを得ず、コスパ的にどうなのかというところ。そうでなくても選択肢は多い方がいいに決まっているし。

使い放題で月額2980円+税という挑戦的な価格設定は良いと思うけれど、結局パートナー回線は容量制限が付いて回るし、そもそもの使い勝手が微妙だしで、総評としてまだまだ実用レベルには遠いという感がある。

とりあえず、ぼちぼち長いこと使ったMVNO(mineo)の契約を捨ててまで楽天1本に絞らなかったのは我ながら英断だったと思う。

まあ、率直な感想としては数年後に期待かな、と思う。あれだけ叩かれ放題だったソフトバンクも今や立派に一線で戦えているわけだし、長い目で見守るべきなんじゃないかなと。

楽天モバイルの戦いはこれからだ!